よくあるご質問

Q&A詳細

  • 質問

    セキュリティ対策はどうなっていますか。(京銀インターネットEBサービス)

  • 回答

    セキュリティについては以下をご覧ください。


    【本人確認】

    本人認証方式に電子証明書方式を採用しています。電子証明書がダウンロードされたパソコン以外はサービスが利用できませんので、当該パソコンと異なるパソコンからの第三者による不正利用を防ぐことができます。
    電子証明書に加え、「ワンタイムパスワードサービス(スマホ認証機能付)」「トランザクション認証」のいずれかのセキュリティ強化策をご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

     

    【ウイルス対策ソフト】

    当行のHPより不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」を無料でインストールすることができます。ご利用いただくことでフィッシングサイトの判別ができます。また、最近他行で多発している不正なポップアップ画面等を表示する等して、パスワードを盗み取ろうとする犯罪(MITB攻撃)への対策機能を備えています。

     

    【正当なサイトであることの確認】

    当行では、京銀インターネットEBサービス(法人向けインターネットバンキング)と京銀ダイレクトバンキング(個人向けインターネットバンキング)に「EV SSL証明書」を導入しました。「EV SSL証明書」とは、実在する運営者の正当なサイトであることを証明する規格で、Internet Explorerでは、正当なサイトの場合、アドレスバーを緑色で表示します。
    「現在閲覧しているwebページが京都銀行の正当なサイトかどうか」を確認していただくことができます。


     

    【128ビットSSL(Secure Socket Layer)暗号化通信方式】

    最新の暗号化技術である128ビットSSL(Secure Socket Layer)暗号化通信方式を採用し、情報の盗聴・書き換えを防いでおります。

     

    【その他】

    ①ログイン時に、過去3回のログイン日時を画面に表示します。
    ②ログインパスワードをパソコンの画面上で変更できます。
    ③ログインしたまま一定時間以上端末の操作をせずに放置していると、自動的に「ログアウト」し、お取引を終了します。
    ④振込振替、税金・各種料金の払込み、データ伝送などのお取引を行われた場合や、ご登録いただいている情報(パスワード・メールアドレス等)をご変更された場合は、電子メールにてご連絡いたします

    • FAQ-NO:K-000905
  • 関連するQ&A
  • この情報は役に立ちましたか?
Powered by MatchWeb